靴について

知っておきたい靴のこと

靴紐の通し方革靴の紐の通し方(シングル)

靴のフィッティングに重要な役割を持つ靴紐。簡単に着用感を調整できる靴紐には、靴のタイプに合わせたいくつかの紐の通し方があります。この記事では革靴の代表的な通し方である「シングル」をご紹介します。

シングルの特徴

紐が平行に並ぶ通し方。見た目がスッキリしていることから、ビジネスやドレスシューズによく用いられます。手順がシンプルで、調節もしやすいのが特徴です。

シングルの通し方動画

シングルの通し方手順

シングルでは、対角線に通す方(青側)が短くなります。 今回使用した4つ穴の革靴で、約2:3の割合になりました。

靴紐の通し方(シングル)_2.jpg

 
まず片方の紐を一番つま先側の穴(1)の、表から裏に通します。

靴紐の通し方(シングル)_3.jpg

 
そのまま対角線の最も遠い足首側の穴(8)の、裏から表に通します。

靴紐の通し方(シングル)_4.jpg 
通した紐を蝶々結びができる長さまで出したら、次は反対端の紐(赤)を一番つま先側のもう片方の穴(2)の表から裏に通します。

靴紐の通し方(シングル)_5.jpg

 
通した紐を、つま先から二番目の反対側の穴(3)の裏から表に通します。

靴紐の通し方(シングル)_6.jpg

 
上に通した紐を、反対サイドのつま先から二番目の穴(4)の表から裏に通します。

靴紐の通し方(シングル)_7.jpg

 
下に通した紐を、反対サイドのつま先から三番目の穴(5)の裏から表に通します。これを一番足首側の穴(7)まで続けます。

靴紐の通し方(シングル)_8.jpg靴紐の通し方(シングル)_9.jpg靴紐の通し方(シングル)_10.jpg

 
通し終わった紐の左右の長さを揃えます。

靴紐の通し方(シングル)_11.jpg 
蝶々結びをしたら完成です。

靴紐の通し方(シングル)_12.jpg

SHARE

  • Facebook
  • Twitter