靴について

知っておきたい靴のこと

靴の部品名称スニーカーの各部の名称

一足の靴は様々な部品が組み合わされて出来上がっています。 ここではヴァルカナイズ製法によって作られるキャンバススニーカーを例にそれぞれの部品の名称をご紹介します。

アッパー(Upper)甲

アッパーとは靴の底を除いた上の部分を指す。甲、腰、踵部分からなる部分の総称。

靴の部品名称_スニーカー_2.jpg

1.トゥーチップ(Toe tip)先ゴム

つま先部分を覆うゴムのパーツ。つま先の保護と形状を保つ役割もある。

2.レース(laces)靴紐

足と靴をフィットさせる重要な役割を担う。サイズや鳩目の数で長さが異なる。

3.クォーター(Quarter) 腰

サイドからかかと周りを覆う部品。外側を外腰(Outside quarter)、内側を内腰(Inside quarter)と呼ぶ。

4.アイレット(Eyelet)鳩目

靴紐を通す穴につけられるリング状の金具、キャンバスシューズではほとんどの場合補強用に付けられる。

5.タン(Tongue)舌

甲の保護と泥やごみが靴内に入るのを防ぐのが目的の甲部をおおうパーツのこと。シュータン、べろとも。

6.クォーターライニング(Quarter lining)腰裏

腰材の裏に貼られる裏材、柔らかくすべりの良い材料が使われる。

7.ヒールテープ(Heel tape) かかと紐

内腰と外腰をかかとでつないでいる部品。

8.カウンター(Counter)月型

かかと部の形状を保護するとともに、歩行時の安定性を高める半円状のパーツ。

ソール(Sole)底

ソールとはインソールやアウトソールなど、足を支える土台部分の総称。

靴の部品名称_スニーカー0729.jpg

9.ヒールパッチ(Heel patch)

かかと部分に貼られる飾り、ブランド名などが記載されることが多い。

10.インソール(Insole)中敷き

靴の内側に敷かれる材料、クッション性やフィット感を高める素材が使われる。

11.アウトソール(Outsole)底ゴム

靴底の地面に着く、靴の底部を保護するための部品。

12.フォクシングテープ(Foxing tape)廻しテープ

外側に一周巻かれているテープ、アウトソールとアッパーをつなぐ重要な役割。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter