靴について

知っておきたい靴のこと

靴の素材アッパー材の種類

一足の靴は使用される部品ごとに様々な素材が使用されています。ここでは靴のアッパー(甲を覆う部分)に使用される代表的な素材をご紹介します。

天然皮革

牛革

靴に使用されるレザーとして、最もポピュラーな材料。年齢や性別によって、カーフ、キップ、ステアなど名称が異なる。

アッパー材の種類-2.jpg

馬革

主に裏革として使用されるほか、甲革や中敷にも使用される。お尻の部分はコードバンと呼ばれ、特に繊維が緻密で光沢が美しく高級品に使用される。

豚革

毛穴が三つ表面に見えるのが特徴。摩擦に強く、軽量で、通気性にも優れるため裏革としてよく使用される。

羊革

毛穴が小さく、きめ細やかで柔らかい。子羊の革をラムスキンと言う。

山羊革

羊革よりやや硬いが、毛穴がきれい、繊維が緻密、耐摩耗性に優れるなどの特徴がある。

カンガルー革

丈夫でしなやか、軽いなどの特徴がある。サッカースパイクなどに使用される。 

牛革の加工

スエード

革の裏面にヤスリをかけて、起毛させた素材。

ガラスレザー

レザーの表面に樹脂や塗料でコーティングした素材。

エナメルレザー

レザーの表面にポリウレタン樹脂の塗装を施した素材。

合成皮革

繊維にウレタンやナイロンなどの樹脂をコーティングした素材。

材質が均一であり経済性に優れる。その中でも、構造や風合いをより天然皮革に近づけたものは、人工皮革と呼ばれる。

アッパー材の種類-3.jpg

天然繊維

天然の植物や動物の毛などから作られた繊維。キャンバスはヴァルカナイズ製法のスニーカーに多く用いられ、吸湿性に優れて丈夫。


アッパー材の種類-04.jpg

合成繊維

ナイロンやアクリル、ポリエステルなどの化学的な繊維。それぞれ軽くて丈夫、発色性に優れるなどの特徴がある。

アッパー材の種類-5.jpg

SHARE

  • Facebook
  • Twitter