子ども靴のお悩み、Genki-Kids®スタッフがお答えします!

お悩み4 成長を見越して大きめサイズを履かせても良いですか?

新しい靴を買ってもすぐ足が大きくなるから、いつも少し大きめを買うことにしています。よく小さい靴は良くないと聞くけど大きい靴はどうなんでしょう…

スタッフがお答えします!

大きいサイズの着用はおすすめしておりません。「大人の足」と「子どもの足」では1cmの意味合いが大きく異なります。サイズの合わない靴の着用は、足のトラブルにつながることもありできるだけ0.5cm(ハーフサイズ)刻みでのフィッティングをおすすめしています。

気にして欲しいサイズの誤差率

誤差率換算だと こども15.0cm→16.0cm≒おとな23.0cm→24.5cm

お子様の15.0cmの足に16.0cmの靴を履かせることは、
大人の足で換算すると23.0cmの足に24.5cmの靴を履いている状態に相当します。

ゲンキ・キッズからのご提案

成長を見越して1cm位ならと思われることもありますが、大きすぎる靴は小さい靴と同様に足に悪い影響を与えます。
ゲンキ・キッズでは計測を通して、適したサイズのご提案をさせて頂いております。

大きすぎる靴を履くことによるトラブル

  • 外反母趾

    足の親指が人差し指側へ「くの字」に変形します。悪化すると突き出た関節部が痛みを伴うこともあります。

  • ハンマートゥ

    足指の関節がハンマーのような山形に、変形し歩行時に痛みを伴うこともあります。
    小さい靴によるトラブルというイメージがありますが大きすぎる靴が原因となる場合もあります。

これらの足のトラブルは、大きすぎる靴を着用し続けたことが原因となる場合もあります。
大きすぎる靴は靴内で足を支えることが難しく、歩行時の不自然な負荷や、無理な動作が知らず知らずのうちに癖となってしまうことがあります。

骨の成長が完了していない子どもの足は悪い影響を受けやすく、また、こうした足のトラブルが大人だけのものではないことはあまり知られていません。

スタッフからのアドバイス!

成長途中の足にとって靴の「ちょうどいいサイズ」である期間がとても短いことを私たちは知っています。その為、ゲンキ・キッズでは多くの商品を0.5cm(ハーフサイズ)刻みで取り揃え無料の足型計測を実施することで足の変化に対応しています。適正サイズが気になった際はお気軽に店頭スタッフまでお声かけください。

※在庫状況は店舗によって異なりますので、店頭にてご確認ください。