子ども靴のお悩み、Genki-Kids®スタッフがお答えします!

子どもが靴を脱ぎたがります

最近1人で走れるようになったのですがすぐに靴を脱ぎたがります。サイズがあっていないのでしょうか?

スタッフがお答えします!

脱ぎグセには様々な要因が考えられます。靴との相性によってはお子様が足に違和感を感じていることもあります。まずは足型計測で適切なサイズ感を確認していきましょう。

足型計測の結果

日々成長を続ける子どもの足、足長だけでなく足幅も変化していきます。もともとやや幅広の足(2Eの中でも)のお子様でしたが、今回の計測では1サイズアップし3Eの計測結果となりました。

スタッフからのアドバイス

1サイズ幅広のシューズをご提案しました。
走ることも増えてきたというお話から、足首周りの動かしやすさを重視したローカットモデルをおすすめしました。

あわない靴を履いていると、どうなるの?

幼少期の子どもの足は軟骨と柔らかな組織からなる発育途中の状態。良いことも悪いことも影響を受けやすく、あわない靴を履き続けることで、大人になってからの足のトラブルにもつながります。 靴を選ぶときは、足の長さ、足幅、足囲に加え、子どもの成長段階、運動量などを考慮して、適切な靴を選ぶようにしましょう。

足型計測、サイズ交換のタイミングは?

子どもの足は、2歳ごろまで1年に約1cm成長すると言われています。
そのため、3ヶ月から半年ごとに足型を計測し適切なサイズ交換をおすすめしていますが、お店での定期的な計測が難しい方にご自宅でできる簡単なチェック方法をご紹介します。

今回オススメしたシューズ

脱ぎたがるクセは、足幅があわなくなってきていたことと走れるようになったことでいつも履いていたハイカットタイプの商品が足首にすれてイヤだったのかもしれません。
今回のケースであればローカットにすることで、脱ぎグセが改善されるかもしれないとお話ししました。

ムーンスターキャロット CR B100

幅広のお子様も無理なく足入れができる3Eのベビーシューズ。走ることが多くなってきたお子様には、足首周りが動かしやすいローカットタイプがおすすめです。また、大きな取っ手のついた一本バンドでフィッティングを調整するシンプルなデザイン。もしお子様が外で靴を脱いでしまっても、親御さんも履かせやすく、また、お子様自身で扱いやすいのもポイントです。

もっと詳しくこの商品を見る