SDGs ムーンスターは「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します MoonStar

持続可能な開発目標(SDGS)に向けて

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、
「誰一人取り残さない」持続可能な社会の実現を目指す世界共通の目標です。
2030年を達成年限とし17の目標と169のターゲットから構成されています。
ムーンスターは“すべての人々の「笑顔」と「しあわせ」のために”を経営理念として、
全てのお客様が「笑顔」になれる靴、「しあわせ」を感じる靴をお届けできるよう
全社一丸となって取り組んで参ります。
そして、環境に優しい事業活動を全員参加で取り組み、
人と地球に優しい循環型社会の形成と環境保全に努めます。

United Nations Sustainable Development Goals website

ムーンスターのサステナビリティへの取り組み

  • 人間

    • ・大気汚染の少ない天然ガスボイラーを使用している
    • ・当社のシューズは、人の健康と福祉に貢献
    • ・製造工程における糊の水性化等、化学物質使用の削減
    • 目標3:すべての人に健康と福祉を
  • 経済

    • ・エネルギー使用量を削減し資源の有効利用に貢献する
    • ・社用車を削減しエネルギー使用量とCO2排出量を削減する
    • ・省エネ機器の導入、蛍光灯のLED化、昼休みの消灯
    • ・作業効率のアップによる経済成長の発展
    • ・改善提案制度、資格奨励金制度の実施、工場見学への対応等
    • ・コンプライアンスを順守した天然ゴムの購入
    • ・靴作りの手技やノウハウを継承・蓄積
    • ・製品の長寿命化、リペアシューズ
    • ・新機能シューズの開発、九州大学、岡山県立大学との共同研究
    • ・社内美化運動、花いっぱい運動
    • ・廃棄物の発生抑制
    • 目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 目標8:働きがいも 経済成長も
    • 目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 目標11:住み続けられるまちづくりを
  • 環境

    • ・環境配慮素材を使用しエコな靴及び使われてこそ価値のある靴作り
    • ・ライフサイクルを考慮した廃棄物の削減・ゼロエミッション推進活動
    • ・社用車をハイブリッド車への切り替えによるCO2排出量の削減
    • ・工場排水の水質検査による水質保全
    • ・両面印刷及び裏紙の使用による資源の有効利用
    • ・不良削減による環境保護
    • ・産業廃棄物の直接埋め立て処理ゼロの実施
    • 目標12:つくる責任 つかう責任
    • 目標13:気候変動に具体的な対策を
    • 目標14:海の豊かさを守ろう
    • 目標15:陸の豊かさも守ろう
  • 協働

    • ・くるめ地域活動への参加、協賛
    • ・持続可能な開発の為、海外工場とグローバルパートナーシップの推進
    • 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

ムーンスターの主な環境活動

ムーンスター久留米本社では、ISO14001・2015年版の環境マネジメントシステムを運用し環境関連業務、省エネ、
省資源および廃棄物の削減など地球環境保全に配慮した取り組みを進めています。

  • 01.環境配慮型の商品

    生産に使用している有機溶剤糊を水性糊へ変更し、布とゴムを貼り合せする生産工程にて発生するVOCガス(揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds))の削減を推進しています。
    また、靴の包装材削減など製品設計段階からも廃棄物の削減、使用抑制、エコ化に取り組んでいます。

    環境負荷低減型商品(リサイクルPET素材使用)

    地球環境について考え、
    エコロジーな靴を作りました。

    地球にも足にもやさしいシューズです。

    地球環境に配慮して、500㎖PETボトル1本分の素材を靴の一部に再利用し、
    限りある資源の有効活用に努めています。

    (株)ムーンスターは、温室効果ガス削減のために、環境負荷提言商品を提案します。

    サステナビリティ商品の歴史

  • 02.環境コミュニケーション

    (1) 環境共生都市づくり協定書

    久留米本社は、久留米市と『環境共生都市づくり協定書』を締結しています。
    環境負荷低減計画や排水、騒音の測定を定期的におこない久留米市へ結果を報告しています。
    令和3年1月21日に、久留米市による工場排水の立入検査がありました。
    結果は下記の通り問題はありませんでした。

    項 目 基準値 第一工場の
    排水
    第二工場の
    排水
    水素イオン濃度(PH) 6.0~8.4 7.2 7.3
    生物化学的酸素
    要求量(BOD)
    10mg/L以下 0.5 1.6
    浮遊物質量(SS) 15mg/L以下 1 8
    油分
    (ノルマルヘキサン抽出物質)
    2.5mg/L以下 <0.5 <0.5

    (2) 環境管理委員会議

    定期的に環境管理委員会を開催し環境目標の進捗状況、法的要求事項の順守報告、環境情報の確認をおこないました。
    2021年6月期は、ISO適用範囲外の、佐賀工場からも会議に参加してもらい環境に対する活動の情報共有を実施しました。

    (3) ISO通信の発行

    ISO活動に関する事、産業廃棄物に関する事、環境関連のニュース等を当社の社内LANに掲示して環境に関する情報を掲示しています。この活動は、ISOを取得した2000年1月から続けています。

  • 03.リサイクルの推進

    持続可能な循環型社会の構築のために、3R(リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle))を推進しています。2021年6月期は、産廃処理していたものを地元企業に資源として引き取ってもらう事が出来ました。この活動は継続して進めています。その結果、2021年6月期のリサイクル率は99%でした。
    今後も最終埋め立て処分量をゼロとする“廃棄物ゼロエミッション”に取り組んでいきます。

  • 04.美化運動

    久留米本社では工場周辺の清掃活動や花いっぱい運動を実施しています。
    自治体主催の「ノーポイ運動」には毎年参加していましたが、今回は新型コロナの影響で中止となりました。
    これからも社内外の活動に参加し社会貢献に努めてまいります。

  • 05.省エネ活動

    不要な照明の消灯、冷暖房の設定温度管理、省エネ機器への変更、生産の効率化によるエネルギー使用量の削減等をおこない、省エネ活動は全社員で取り組んでいます。

    蛍光灯は、省エネで長持ちする「LED」に
    随時変更しています

    図:蛍光灯→LED

    過去8年の久留米工場の二酸化炭素排出量

    表:過去8年の久留米工場の二酸化炭素排出量

    二酸化炭素排出量削減の実施策(一例)

    • エアーコンプレッサーを重油式から電気式へ
    • ボイラーを重油式からガス式へ
    • 変圧設備を更新(高効率へ)
    • 大型空調機を小型インバータタイプへ
    • 冷房設備室外機への散水装置取り付け
    • 照明のLED化
    • クールビズ実施による室温管理徹底
  • 06.緊急事態への対応

    久留米本社では、年3回(3月、8月、11月)消防総合訓練を実施しています。
    自衛消防隊による消火訓練や全社員参加の避難訓練、通報訓練、新入社員への消火器の使い方の教育等をおこないました。
    工場部門では、タンクから有機溶剤が漏れたという想定での緊急事態訓練を年1回(10月)実施しています。

    写真:消防総合訓練

    写真:消防総合訓練