子どもの成長のそばにある“靴”。

子どもがいちばん長い時間はいている靴。
それは、上履きかもしれません。
子どもの成長を足元から支える大切な道具だからこそ、ムーンスターが大切にしてきたこだわりがあります。
ここでは、そんなムーンスターの上履きについてご紹介します。

時代とともに、進化する上履き。

上履きが誕生するきっかけとなったのは1872(明治5)年の学制発布。学校の建物も洋風化が進んでいた時代でしたが、玄関で靴を脱ぐという日本独自の習慣は残りました。その後、戦前まで教室に入るときには靴を脱いで足袋や草履に履き替えていましたが、次第に上履きが使用されるようになり、全国的に浸透していったといわれています。

上履きの製造を開始した企業や導入時期などの正確な記録は残されていませんが、ムーンスターの資料では「1927(昭和2)年に国内向け児童用の前ゴム(足の甲部分にゴムをはめ込んだタイプの外ばき用の靴)を製造開始」との記録があります。

「新製品Aシューズ」「バレーシューズバンド付」

その後、“上履き”という名前がはじめて登場したのは1957(昭和32)年のこと。
前ゴム靴「新製品Aシューズ」の説明に「上ばきに好適。いま女子学生間の人気者。」との記載があります。また、翌年に上履きに最適な新製品として「バレーシューズバンド付」が発表されていることから、この2商品が現在の上履きの原型になったと考えられます。

そして1964(昭和39)年には、現在も定番商品として愛され続けている「スクールカラー」が登場。
つま先とソール周りに色をつけたことで、学年やクラスを一目で判別できるようになりました。カラーはブルー、レッド、イエロー、グリーン、エンジ、ホワイト、コバルトの7色展開。基本的なラインナップは変わらず、長年にわたって多くの支持を得ていることが評価され、2013年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しました。

2013年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞

機能や成長段階に合わせて選べる上履き。

現在発売されているムーンスターの上履きは、数十種にのぼります。
一日のほとんどを上履きで過ごす子どもたちの足の快適さを追求し、改良を重ねてきたからこそ、
ここまで種類が増えました。そんなムーンスターの上履きに搭載された特徴的な機能をご紹介します。

※搭載機能は商品により異なります。

フィット性 甲バンドを採用した上履きは、甲周りに合わせて面ファスナーで調整することができます。
通気性 通気性に優れたメッシュ素材。現在では、さらに通気性がアップした、三次元構造のダブルラッセルメッシュを採用した商品もあります。
Ag+抗菌防臭 銀イオンの抗菌作用で菌の増殖を抑制し、防臭効果を発揮。「Ag+抗菌防臭」機能はムーンスターの上履きのほとんどに採用されています。
かかと踏みつけ防止機能 かかとを踏んだ状態での歩行は、足のトラブルや思わぬ転倒につながる恐れがあります。かかと部分に独自形状のパーツを配置することで、かかとを踏んだ状態で歩くと違和感を感じる仕様となっています。
独自のソール 様々な試験、改良を行い、独自の基準をクリアしたものだけが採用されています。
4大機能 膨大な量の足に関するデータをもとに開発された「カウンターボックス」「フレックスジョイント」「つま先ゆったり」「洗えるインソール」の4大機能の考えかたはムーンスターのすべての子ども靴のベースとなっています。上履き「CRST」に搭載されています。
ハナオグリップ 靴内の突起状のハナオグリップが足指の運動を促し、土踏まずの形成をサポートします。
防汚性 ムーンスターは世界ではじめて、フッ素加工の技術のひとつ「テフロンⓇ加工」を靴に採用。撥水性、撥油、防汚性に優れた上履きが誕生しました。※テフロンⓇはケマーズ社の登録商標です。
ハーフサイズ展開 足の成長に合わせて選べる、ハーフサイズ(0.5cm刻み)展開を多くの商品で採用しています。

「大人の上履き」も、あります。

入院施設やリハビリセンターでは転倒予防のためスリッパの使用を禁止しているケースもあります。
急な入院をすることになった方やリハビリに励む方から、気軽に脱ぎはきができて軽い運動もできる“上履きのような靴”を求める声が多く聞かれ、「大人の上履き」が誕生。
通気性、クッション性、防滑性、抗菌・防臭、軽量をバランスよく満たしたことで、ケア施設だけでなく室内作業や清掃にも使いやすい製品として評価されています。