1

全三回のレッスンテーマは『心技体でスピードアップ』
トレーニング第一回目は「体」をトレーニングします。
走るための基礎となる体幹づくりは全ての運動に対しても重要になってきます。
ご家庭で取り組めるトレーニングも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

1
1
1
1
1
1
1
1
1

1

ケンケン&ケンパー


①片足ケンケン(両足とも)
②片足しずつ交互にケンパーをする
③スピードを上げてケンパーする

両足ジャンプ


両足で跳んだ後しっかり止まる。
ジャンプするするときは膝をしっかり曲げ手を大きく使います。

大股歩き


背筋をまっすぐ、前を向いて大きく足を踏み出します。
この時、お尻を下げるのではなく、腰をしっかり落とします。

ぐらつかないよう、バランスを意識して運動しましょう。
視線は地面ではなく、前を見るようにしましょう。


小刻みにかけ足


①その場で小刻みにかけ足
②5秒小刻みにかけ足してからダッシュ

かかとをベタベタつけず、つま先を使う事を心がけましょう。
踏み込む時は親指の先を意識して一歩目を強く踏み出します。


速く走るためには、下半身だけではなく、上半身も鍛える事も重要です。
上半身が鍛えられるとふらふらせずに安定したフォームで走れるようになります。

1

少しの時間でも、日常の中にトレーニングを取り入れて、基礎力アップを狙おう!
お父さん・お母さんと一緒に楽しみながら、やってみるのもいいですね。

V字バランス(お腹を鍛える)


お尻をついて両足と両手を上げるポーズ
肘や膝を曲げないで、しっかり伸ばして10秒数えよう。
できるようになったら、ポーズを維持しながら足を動かしたり、つま先をつかんだりしてみましょう。

うつ伏せでのバランス(背中を鍛える)


うつ伏せになって、両手は伸ばして足を上げ10秒数えよう。
できるようになった両手・両足を浮かせたまま泳ぐ姿勢をやってみよう。

仰向けからのバランス(太ももの後ろ、お腹、おしりを鍛える)


仰向けになって手と足をついて、背中をあげた姿勢になり、片足を上げ10秒数えよう。
両足とも実施し、できるようになった足と反対側の手を上げてやってみよう。

毎日5分でも10分でも継続的に実施し、基礎的な力を身につけていくこが大事です。

1

1 2 3 4 5 Next >>

1


1

スタートラインを運営する有限会社WIN AGENT(ウイン・エージェント)は平成18年1月に設立しました。この会社は設立当初、「お母さん社長」と「ひとりの青年」の熱き思いが一つになり、「小さな成功体験を積み重ねられる指導」をコンセプトにして、子どもと一対一の「体育の家庭教師」をスタートしました。現在もコンセプトはそのままに少人数制の教室で、一人でも多くの子どもたちに、一つでも多くの成功体験を積んでもらえるよう、丁寧に熱く指導をしています。「体育指導のスタートライン」は、全ての子どもたちの「運動嫌い」を「運動好き」に変える、笑顔でいっぱいの教室を目指しています。
http://www.start-line.net/index.html

1

1

ムーンスター スーパースターSS J674

1
1

ムーンスター スーパースターSS J659

1
商品ラインナップはこちら